HOME 会社概要 通販規約 スタッフ 通販 コラム リンク 地図 Mail
Photos 天気 イベント ブログ
 
 道東の冬の釣り
 
 新年を迎えて10日程経ちました。北海道、道東は年始に降った雪ですっかり根雪となり、道路の端には山高く雪が積み上げてある状態です。さらに、今晩からもかなりの降雪が予想され、せっかくの三連休が残念なことになりそうで、がっかりの道民も多いのではないでしょうか。東京でも初雪が観測されたようで、いよいよ冬本番といった模様です。
 
 さて、この時期道東オホーツク側では釣りのメインはワカサギの氷上穴釣りになります。道央から道北と比べると比較的雪は少ないのですが、その分気温が低く、ここ美幌でも1シーズンに数度、氷点下20度を超えます。よって、オホーツク海に注ぐ河川の殆どがこの時期結氷します。一年中渓流釣りができるイメージの北海道ですが、厳しい自然環境が必然的に禁漁期間を作っているといった感じでしょうか。
 もちろん、湖沼も結氷する為、ワカサギの氷上穴釣りが盛んになります。常連のお客様の中にもこの釣りを楽しみにしている方も多く、先日も「爆釣、7kgも釣れたよ!」とニコニコしながら話していました。しかし、7kgとは。。。もう言葉もでません。
 
 道東も太平洋側となると、また話は変わってきます。太平洋側に注ぐ河川には結氷しない河川もあり、1年を通して川で釣りができます。ターゲットはアメマスでルアー、フライの釣り人に人気があります。同じ道東でもオホーツク側と違ってまさしく禁漁期間の無い北海道のイメージが当てはまります。しかし、さすが北海道、気温はやはり氷点下、温かくても1〜3度でしょうから、かなりの防寒をしないと釣りになりません。
 
 海に目を移すと、道東ではチカ釣りが楽しめます。チカ以外にも、カジカやコマイなども釣りの対象となります。しかしながら、やはりオホーツク側では初冬しか楽しめません。冬の使者、流氷が海を埋め尽くしてしまうからです。釣り好きでどうしても釣りに行きたい、バイタリティーある釣り人はこの時期、遠征し、太平洋側、そして、日本海側まで行きます。雪道を片道6時間以上かけて釣り行くバイタリティーには本当に脱帽です。
 
 ブルーマリンでは、今年も沢山の釣り人に楽しい釣りができるよう、できる限りのサポートをしていきたいと思っております。今年もブルーマリンをよろしくお願い致します。
 

(有)ブルーマリン
北海道網走郡美幌町字三橋2丁目10-6
TEL 0152-73-3545
FAX 0152-73-3929
COPYRIGHT (C) 1996-2010 Blue Marlin. All Rights Reserved.