HOME 会社概要 通販規約 スタッフ 通販 コラム リンク 地図 Mail
Photos 天気 イベント ブログ
 
カラフトのミノーイング。
 
 ここ道東美幌は7月に入って冷夏が続いています。最高気温が20度に届かない毎日で、先日はなんと最低気温が6度となりました。7月ももう終わるというのにどうなってしまったのでしょうか。それでも、今日は久しぶりに太陽が顔を出し、いくらか夏の気配を感じました。
 
 さて、夏と言えば北海道道東の風物詩、カラフト釣りが始まります。例年ですと、7月中旬から釣れたという声が聞こえ始め8月の前半からお盆をピークに盛り上がります。ブルーマリンでもこの時期になると、「どこどこで上がり始めたぞぉ」と聞こえ始めるころなのですが、どうやら今年は若干接岸が遅れているようです。しかしながら、知床半島の突端にある網では連日、かなりまとまった数のカラフトが網に掛かってるという情報もあり、8月に入ればいよいよカラフト祭りが始まるのではないでしょうか。
 
 さて、そのカラフト釣りですが、通常、ルアーにタコベイトを付けて釣るのですが、最近は新しい試みが注目を集めています。数年前から一部のルアーマンの方が始めた釣り方なのですが、ミノーによるカラフト釣りです。もともとカラフトは接岸をすると捕食行動が無くなると言われています。それではなんで釣れるのかという話しになるのですが、それは攻撃で動いているモノを噛み付く為と考えられています。もちろん、まったく捕食が無くなるわけではなく、よって餌釣りでも釣れるのがそれを物語っているわけですが、それでもやはりルアーに食いつくのは捕食というよりやはり攻撃と考えた方があうのではないかと思われます。そこで、この攻撃性をよりリアルにイメージさせるミノーイングが理にかなった釣り方として注目され始めたのではないかと思われます。実際、先シーズンもスプーンにスレてしまってまったく反応しなくなった状況の中で、ミノーイングしていた方だけが爆釣していたという話しも聞きました。
 
 そして、そのタイミングにいち早く対応したのが、ダイワのソルトルアーのようです。もともと海アメ・海サクラで定評のあったショアラインシャイナーカラフト・アキアジ専用カラーを採用し、去年から販売を始めました。遡上魚には赤が良いというのは定説で、この専用ルアーも赤をベースに作られています。もちろん、この専用ルアーだけではなく、赤金などのカラーのミノーが各社から発売されておりますので、これらのルアーもこのミノーイングには有効と思われます。そして、1色ではやはりスレられてしまうので、その他にもナチュラルカラーなど数種類のミノーを使い分けると良いかもしれません。タックルは今までスプーンの釣りで使っていたもので使えます。しかし、よりパワーのあるベイトタックルもこの釣りに合うのではないかと思われます。
 
 ブルーマリンではこれからのカラフト釣りシーズンに向けてカラフト釣り用品を豊富に取り揃えて皆様のお越しをお待ちしております。もちろん、この注目のミノーイングのミノーやベイトタックルも豊富に取り揃えております。ご来店頂ければフレッシュな情報もお出しできますので、こちらに釣りに来れれるようでしたら、是非お店に起こし頂ければと思っております。スタッフ一同、皆様のお越しを心よりお待ちしております。

(有)ブルーマリン
北海道網走郡美幌町字三橋2丁目10-6
TEL 0152-73-3545
FAX 0152-73-3929
COPYRIGHT (C) 1996-2010 Blue Marlin. All Rights Reserved.