HOME 会社概要 通販規約 スタッフ 通販 コラム リンク 地図 Mail
Photos 天気 イベント ブログ
 
極寒の道東
 
 2008年がスタートして20日が経ちましたが、今年の北海道は極寒の日々が続いています。去年は暖冬でしたが、今年は極寒となりました。今年に入って最低気温が−20度を超す日が何日もあり、最高気温ですら−10度にしか上がらない日があります。去年も雪が少なかったのですが、今年は去年にも増して少なくなってます。
 先週、網走で流氷初日が観測され、昨日には斜里で流氷の接岸が観測されました。この寒さの為か、例年より少し早いようです。去年は暖冬の影響で流氷が少なかったのですが、今年は大丈夫そうなので一安心です。去年のコラムでも書きましたが、流氷は海の資源に多大な影響を及ぼすので、漁業関係の方はなお更気になっていたことかと思われます。しかしまだまだ油断できません。1月いっぱいは寒い日が続きそうですが、2月の気温次第ではまた状況が変わってしまいます。地球温暖化の影響はすべての生態系を狂わせてしまうのでしょうか。
 その温暖化の影響は流氷だけではなく、内陸地の河川や湖沼にも影響を与えていました。去年、毎年全面結氷する屈斜路湖が全面結氷することなく、シーズンを迎えました。暖冬の影響もあるとは思いますが、地元の方の話によると、長く屈斜路湖を見ているが、全面結氷しなかったのはここ最近見たことがないとのことでした。全面結氷しなかったことの屈斜路湖に与えた影響はなんとも言えませが、良い事、悪い事の両方があったと思います。良い事の一つとして、穴釣りによる乱獲ができなかったことでしょうか。悪い事の一つとしては、早くからシーズンが始まってしまった為、シーズンスタートの時期とニジマスのスポーニング(産卵)の時期が重なってしまったことでしょうか。
 
 今年、流氷がオホーツク海を埋め尽くすか、屈斜路湖が全面結氷するか、心配ではありますが、釣り人としてはそれ以上にシーズン開幕が待ち遠しい今日この頃であります。

(有)ブルーマリン
北海道網走郡美幌町字三橋2丁目10-6
TEL 0152-73-3545
FAX 0152-73-3929
COPYRIGHT (C) 1996-2010 Blue Marlin. All Rights Reserved.