HOME 会社概要 通販規約 スタッフ 通販 コラム リンク 地図 Mail
Photos 天気 イベント ブログ
 
ワカサギの穴釣り、シーズン開幕
 
 今年の道東は例年より雪が少ないのですが、その分寒さが身に凍みる年の暮れとなっております。クリスマスを迎えた今日、やっと雪が降り、ブルーマリン周辺は白銀の世界となりました。
この頃となると、網走湖も結氷し、ワカサギの穴釣りシーズンが開幕します。今年は22日(土)に解禁を迎え、ブルーマリンのお客さんも今シーズン初のワカサギ釣りを楽しんでいました。
  
 さて、去年のコラムでは、道具の説明をしましたが、今回はさらに快適装備についてさらにご紹介をします。前回のコラムにてご紹介したハイテクインナーですが、まさにこのワカサギ釣りの為にあるのではないかという装備だと思います。解禁日に釣りに行かれたお客様で今年からこのハイテクインナーを使い始めた方がいらっしゃるのですが、その人が釣りからの帰り道、ブルーマリンに寄ってくれました。なんか上機嫌なので、これはたくさん釣れたのかと思い釣果を伺ってみると、釣果にはもちろん満足していたのですが、それ以上に快適に釣りができたことに喜んでいました。かなりお気に召したようで、2セットを追加でご購入されていました。
 ロッド選びもまた、ワカサギを快適に釣るには選択が重要になっております。通常、氷上の穴釣りというと、小さなリールの付いた短めのロッドが主流ですが、網走湖では比較的長めのロッドが良い場合があります。網走湖のポイントは水深が浅いため、リールを巻いたりせずに立ち上がってそのままロッドを立てると仕掛けを取り込むことができます。が、取り込む際、短い竿ロッドだといちいち立ち上がらなくてはならないのですが、ある程度長いロッドだと立ち上がらなくてもロッドを立てるだけで取り込むことができ、その分楽に取り込みができます。
  
 さて、せっかく釣ったワカサギですから、美味しく頂きたいですね。ワカサギ料理というと、一般的には天ぷらや唐揚げになりますが、それだけでは飽きてしまいます。ここではもう二通りの料理法をご紹介いたします。まずはワカサギのマリネから。調理方法は、まずワカサギを冷水でサッと洗って水気を切り、塩・胡椒(こしょう)で下味をつけ、10〜15分おきます。次にニンジンをせん切りにします。セロリを3a長さの短冊切りにし、水でさらします。玉葱(たまねぎ)を輪切りを10〜15枚とり、残りは薄切りにしてさらします。フレンチドレッシングを作り、さらした薄切りの玉葱を漬けます。サッと茹(ゆ)でたニンジンと、水気を切ったセロリをフレンチドレッシングに加えてよく混ぜます。ワカサギに小麦粉をまぶして油で揚げ、熱いうちにドレッシングに漬けます。皿に盛り、マリネの上に玉葱の輪切り、まわりにレモンの薄切りを飾り、パセリのみじん切りをふりかけて完成です。
 もう一つは佃煮です。調理方法は、ワカサギを洗い、ざるに入れ水気を切っておく。大きな鍋に砂糖と醤油を入れ火にかけ砂糖が溶けて泡が出てきたら、全部のワカサギを静かに入れます。強火で50分〜1時間そのまま煮ます。仕上がり5分前に水あめを入れ、煮あがったら、煮汁ごとざるにあけ、冷ましておきます。
  
 ブルーマリンではワカサギの穴釣りに必要なアイテムを豊富に取り揃え皆様のお越しをお待ちしております。年末は31日まで、新年は2日より営業をしております。新年には初売りも用意しておりますので、お気軽にお越しください。

(有)ブルーマリン
北海道網走郡美幌町字三橋2丁目10-6
TEL 0152-73-3545
FAX 0152-73-3929
COPYRIGHT (C) 1996-2010 Blue Marlin. All Rights Reserved.