HOME 会社概要 通販規約 スタッフ 通販 コラム リンク 地図 Mail
Photos 天気 イベント ブログ
 
昼は釣具屋店主、夜はロッカー!!
  
 北海道はいよいよ初冬を迎えています。川では落ち葉が流れ釣り辛いのですが、それでも元気な鱒達は釣人を楽しませてくれます。今年はアメマスの釣れるサイズがとても大きく、つい先日もお客さんが77cmの大物を釣ってきました。情報では80cmを超える魚体もいて、まだまだ記録が伸びそうな勢いで、とても楽しみです。
 
 さて、タイトルの”ロッカー”ですが、、いきなりミュージシャンになった訳ではなく、最近ロックフィッシュの釣りを楽しんでいるってことです。オホーツク海の港周りでは、10月になって気温が下がりだすと、クロゾイカジカなどのロックフィッシュの釣りが楽しめます。小気味良い当たりと、サイズに見合わない引き味でこの釣りのファンの方はかなり多いと思います。太平洋側や日本海に比べると、大型のアブラコ(アイナメ)は殆どいないので大物を釣ることは出来ませんが、それでも最近では40cmオーバーのクロゾイなども釣れ、先日は私も35cmのクロゾイを釣ることが出来ました。このサイズになるとかなり引き、とても楽しいです。この日は35cmを頭に30cmクラスを3本釣ることが出来ました。
 
 そんな楽しい釣りですが、比較的簡単リーズナブルなタックルで釣りをすることが出来ます。ロッドはライトアクションのトラウトロッドで充分対応できまうすが、出来れば、ライトアクションのバスロッドをお勧めいたします。先調子のバスロッドはロックフィッシュの硬い口にもその強力なバットでフッキングさせやすくなります。
 リールは1000番から2500番程度のスピニングリールが最適で8ポンド80m位巻いてあれば充分です。ただ、海水で使用しますので、出来ればソルト対応リールをお勧めいたします。
 仕掛はジグヘッドにワームを装着するのが一般的です。ワームも2〜3.5インチ程度でグロー系のワームが良いようです。根掛りが多い場所では根掛りを避けやすいテキサスリグをお勧めいたします。シンカーの重さは3グラムから7グラム程度が良いようです。
 釣り方は、ある程度キャストして、底をデットスローでゆっくり引っ張ってきて食わせる為にリーリングをとめたり、小さくリフト&フォールで誘ったりと、その時々によって変えていくと良いようです。魚が水面でライズしている時には、ノーシンカーでワームを表層でリーリングするのも効果があります。
 アタリは最初小さなアタリがコツコツとあって、その後ククーンと引っ張るのでそこでグッと竿をアオリあわせます。大きい魚の場合にはいきなりゴンっとあたる場合もあるようです。
 
 忘れてはいけない装備ですが、漁港や磯場などで釣りをすることになるので、ライフジャケットやインフレータブルなどの安全装備は必ず装着してください。また、万が一、海に落ちた時に備え、携帯電話を防水ケースやジップロック等で防水して持ち歩くことをお勧めいたします。また、海は風も強く寒くなるので、防寒装備はしっかりすることをお勧めします。
 
 ブルーマリンではこれからロックフィッシュの釣りを始めたい方の為にお気軽かつリーズナブルなタックルセットを用意しております。もちろん、中級者や上級者の為のロックフィッシュ専用タックルも用意しております。また、ワームやジグヘッド等も豊富にご用意し、今どんなワームが好調かなどの情報もご用意して皆様のお越しをお待ちしております。楽しいく簡単に始められる釣りですので、是非皆様もこれを機会に始められてはいかがでしょうか。
 

(有)ブルーマリン
北海道網走郡美幌町字三橋2丁目10-6
TEL 0152-73-3545
FAX 0152-73-3929
COPYRIGHT (C) 1996-2010 Blue Marlin. All Rights Reserved.