HOME 会社概要 通販規約 スタッフ 通販 コラム リンク 地図 Mail
Photos 天気 イベント ブログ
 
オホーツク海の豪快なジギング
 
 7月も中旬となりましたが、ここ北海道美幌ではまだまだ夏らしくない涼しい日が続いています。気温も20度前後とまるで初夏の気温です。それどころか、明け方の気温が10度以下になる日もあって、7月だというのにストーブを使っているという常連さんの声も聞こえてきました。早く夏らしい日が来ないかと思う毎日です。
 
 さて、ここ数回のコラムで海アメ海サクラの話をしましたが、ルアー・フライの話ばかりでつまらないという船釣りファンの皆様に今回はオホーツク海での豪快なジギングについてお話します。
 
 オホーツクの海は内地や太平洋側、日本海側と違ったユニークな魚種を釣ることができます。その筆頭となるのがやはりハリバット(オヒョウ)ではないでしょうか。メーターを超え、10kgオーバーも夢ではありません。私自身の目標もこのメーターオーバーで、実は今日も釣行にいってました。残念ながら今回は姿を見ることが出来なかったのですが、次回こそはと闘志を燃やしています。

 ついで大物というと、タラになります。こちらもメーターオーバーが掛かることがあります。事実、私の記録は104cm、14kgオーバーです。それはそれは凄まじい引きで最高の釣り味です。
 
 
 
  これからのシーズンというと、アキアジ(サケ)も格好のターゲットになります。この時期のアキアジはまだエサを飽食し、産卵に備えているので、その引きもまた凄まじいものがあります。魚体もギンピカのモノが殆どで、河口などで釣れるアキアジとは旨味も別物です。
 
 他にもアオゾイ、シマゾイ、ホッケ、狼魚、サクラマス、キングサーモンなどなど、魚種も多彩で、また、食べて美味しい魚も多く、夕飯の食卓を華やかにしてくれること間違いなしです。

 海でのジギング、エサ釣りと比べて、難しいそうだし、エサより釣れないのでは。っと思う方もいるかと思います。しかし、そんなことはありません。実際、同じ船でジギングの方がエサ釣りより多く釣れ、サイズも大きかったという話を良く聞きます。
  
 タックルも一時期より多くなり、大手メーカーからジギング専門メーカーまで、いろいろ発売されてます。ブルーマリンでは入門者からベテランの方まで対応できるよう、たくさんのタックルを用意しております。また、釣船の紹介や手配も行っております。皆さんも是非ジギングにチャレンジしてみてください。

(有)ブルーマリン
北海道網走郡美幌町字三橋2丁目10-6
TEL 0152-73-3545
FAX 0152-73-3929
COPYRIGHT (C) 1996-2010 Blue Marlin. All Rights Reserved.