HOME 会社概要 通販規約 スタッフ 通販 コラム リンク 地図 Mail
Photos 天気 イベント ブログ
 
道東の海アメ、シーズンイン!!
 
 梅雨の無い北海道ですが、今年はなぜか雨が多く、気温も30度を超す日が続いたと思ったら、20度にも達しない日もあったりで、体長も崩しやすい毎日です。しかし、夏の足音は確実に聞こえ始め、ここ道東にもいよいよ海アメ、海サクラのシーズンがやってまいりました。太平洋側、オホーツク側も好調で、今年から始めたアメマスダービーにも続々と釣果の登録が入ってきています。

 北海道で海アメ、海サクラ釣りがブームになったのはここ数年で、特に道南での冬の海アメがこの釣りのルーツなのではないかと思われます。北海道は禁漁河川を除くと基本的に一年通して釣りをすることが出来るのですが、そこはやはり北国の宿命で雪により川が閉ざされ、また、多くの河川は結氷する為、冬の間は一部の河川を除くと殆ど釣りにならない状況です。そこで、それでも釣りがしたい釣人に海が結氷しない道南方面で海に下るアメマスがターゲットとしてこの釣りが注目され、多くの海アメファンを増やしているようです。
 道南と道東では何故か釣れるシーズンが違います。理由はどうやら海水温にあるようです。道東の冬の海水温は流氷や気温の影響で0度以下に下がります。ところが、道南の海水温は平均して5度前後程と暖かく、アメマスが活動できる水温が1度前後と言われているので、道南では河川より海の方が水温が高い為、多くのアメマスが海に下るようです。その逆で道東は塩分がある海と違って、河川の方が水温が下がらない(それでも0度近くですが)為、川で越冬するアメマスが多いようです。
 
 また、海に下ったアメマスは海の豊富な栄養(エサ)により、川のアメマスとは明らかにコンディションが良く、引き味も別の魚かと思わせるほどパワフルになります。川のアメマスにプラス10cm以上のパワーで引き、それもまたこの釣りのファンが多いのではないかと思われます。
 
 ここで少し、海アメ、海サクラのタックルにつてい触れさせて頂きます。まず、ロッドは比較的大きなミノーやジグをキャストできるよう、川でのアメマスタックルよりヘビータックルになります。長さで10フィート前後ルアーウェイトで40gぐらいをキャストできるロットが良いようです。11フィート以上のロッドになると、逆にキャスト時に振りぬけず、9フィート以下では飛距離の面で不利になってしまうようです。リールは4000番クラスで、ハイギヤードのリールが良いようです。リトリーブのスピードが比較的速い方がよく、小さいリールではその点で不利になってしまうようです。ラインはPE2号に16〜25lbのショックリーダーをロッドの長さ分付けると良いでしょう。ルアーは140mm〜175mmという比較的大きめのミノーに良いようです。また、サーフから遠投には28〜40gのジグやジグミノーが釣果を伸ばしているようです。
 
 道東の海アメ釣りは始まったばかりです。まだまだこれから充分に楽しむことができるでしょう。ブルーマリンでは、海アメ、海サクラ用タックル、ルアーを豊富に取り揃え、皆様のお越しをお待ちしております。情報も日々変わるので最新の情報を店頭にてお出しできるかと思います。是非、道東の海アメ、海サクラ釣りのお越しの際にはお店にもお立ち寄りください。スタッフ一同、心より歓迎いたします!

(有)ブルーマリン
北海道網走郡美幌町字三橋2丁目10-6
TEL 0152-73-3545
FAX 0152-73-3929
COPYRIGHT (C) 1996-2010 Blue Marlin. All Rights Reserved.