HOME 会社概要 通販規約 スタッフ 通販 コラム リンク 地図 Mail
Photos 天気 イベント ブログ
 
暖冬の影響

 暖冬と呼ばれる今年、確かにここ北海道美幌町も例年に無く雪が少ないようです。幹線道路は通常この時期には道路際に積み上げられた雪が人間の背丈以上になるのですが、今年はまだ背丈に達してない状況です。暖かいのは嬉しいことなのですが、この暖冬によるこの先の影響を考えるとそう喜んでもいられないようです。
 
 暖冬の影響で一番心配されるのが、流氷の接岸状況でしょうか。やはりと言うか、当然というか、今年の流氷の接岸は遅れました。おまけに本体から分かれた流氷が接岸しただけで、まだ本体の流氷が接岸してないようです。また、知床のウトロ側では流氷を見ることが出来ますが、羅臼側でまったくと言っていい程流氷がありません。
 知床の海が資源豊かな海と知られているのは有名ですが、その要因として流氷がもたらすことは言うまでもありません。流氷が溶けた後の植物プランクトンの大増殖を出発点とする食物連鎖網が知床の海を豊かにするわけです。その流氷が来ない、少ないとなると状況は大きく変わってきます。去年の流氷の状況ですが、今年程ではないものの、例年と比べると少ない状況でした。この影響は去年の知床での漁獲量に影響したようです。去年以上の流氷の少ない今年は去年以上の影響を推測してしまいます。
 
 河川でも影響が心配されます。このまま早々に春を迎えることになると、雪解けが早く進み、例年ですと、6月まで続く雪シロが今年は早ければ5月の早い段階で終わってしまうかもしれません。釣りシーズンが早く迎えらるという話もありますが、その後の渇水がやはり心配されます。これは河川の渇水だけはなく、農作物にも影響がでるのではないかと心配になります。特に北海道や内地でも寒い地方では、雪シロを水田に引いて稲作を行う地域も多いので、早くから雪シロが終わってしまうと水不足が心配になります。
 
 地球温暖化の影響が今回のこの暖冬に大きく関係しているのは容易に推測されます。私たちの様に釣りを楽しむ者にとっても、この変化は大きな影響を持っていると思います。そろそろ真剣に考えなくてはならない時に来ているのではないでしょうか。
 

(有)ブルーマリン
北海道網走郡美幌町字三橋2丁目10-6
TEL 0152-73-3545
FAX 0152-73-3929
COPYRIGHT (C) 1996-2010 Blue Marlin. All Rights Reserved.