HOME 会社概要 通販規約 スタッフ 通販 コラム リンク 地図 Mail
Photos 天気 イベント ブログ
 
謎の鮭の正体は
 
 今年も残すところあと僅かとなり、北海道はいよいよ本格的な冬到来という感じでしょうか。これから数ヶ月はここ道東は流氷で海は閉ざされ、多くの川も結氷し、釣人にとっては厳しいシーズンとなります。それでも、周辺の湖ではワカサギの氷穴釣りで賑わいます。

 前回のコラムで謎の鮭の話をしました。この鮭の正体が解りましたので、ここ報告させて頂くとともに、多くのご意見を寄せてくださった皆様方に感謝いたします。最終的な判断は斜里の漁業関係者で長年多くの鮭を取り扱っていた方の鑑定となりました。その鮭の正体はマスノスケ、そう、キングサーモンです。鑑定のポイントはやはり尾鰭にありました。尾鰭の大半にウロコがあり、尚且つ、先端が黒く裂けているのがキングサーモンの特徴だそうです。実は、このキングサーモンですが、判定をしてくださった魚業関係者の方によると、11月の中旬によくアキアジの網に入るそうです。しかし、年々その時期がずれ込み、最近は12月になってから回遊してくることが多くなったとのこと。さすがに12月までは天候の関係で網上げを遅らすことが出来ず、最近はキングサーモンの水揚げが少なくなってしまったとのことです。オホーツク海は12月に入ると時化ることが多く、網上げのタイミングを逸してしまうと、今度は流氷の接岸で網が切れてしまうこともあって、11月の網上げとなってしまうとのことです。この様に多くのキングサーモンを見てきた方ですから、この判定は間違い無いと思います。また、ご意見を頂いた多くはやはりキングサーモンではないかという意見でした。

 さて、そのキングサーモンですが、実は狙って釣ることができるんです。オカッパリでは難しいのですが、船からのジギングで釣ることが出来ます。右の写真ですが、今年釣ったキングサーモンです。釣った方の話では内地での太刀魚釣りに使うライトジギングタックルで釣ったとのこと。それもラインはPE0.8号だそうです。そんな話を聞いてしまうと、居ても経ってもいられず、私も行ってしまいました。しかしながら、潮廻りが悪く残念ながら釣果には恵まれず、年内再度チャレンジすることになりました。今までキングサーモンは迷い鮭として網に掛かる、アキアジ釣りに稀に釣れてしまうことが殆どだったのですが、狙って釣れるとなれば、こんなに面白い鮭釣りはないのではないでしょうか。

 このキングサーモンのジギングの釣りですが、詳しくはブルーマリンスタッフにお尋ねください。詳しい釣り方やタックル、釣船の紹介もさせていただきます。問い合わせはメールまたは直接電話していただいてもかまいません。お気軽にお問い合わせください。

(有)ブルーマリン
北海道網走郡美幌町字三橋2丁目10-6
TEL 0152-73-3545
FAX 0152-73-3929
COPYRIGHT (C) 1996-2010 Blue Marlin. All Rights Reserved.