HOME 会社概要 通販規約 スタッフ 通販 コラム リンク 地図 Mail
Photos 天気 イベント ブログ
 
川に居るカラフト、アキアジが
 
〜 ロッドを圧し折るパワー 〜
   
9月も下旬になると、北海道は秋の気配がグッと増します。まだ、内地では最高気温が30度に達する日もあると思いますが、ここ美幌は連日20度前後の過ごしやすい気温になってます。それどころか、最低気温はさらに低く、先日の朝の最低気温はなんと2.5度。内地の冬の気温と一緒ですね。早いお宅ではすでに暖房器具を使用しているとのことです。
 
 さて、晩夏から初秋にかけて北海道ではカラフト・アキアジ釣りで大変盛り上がります。オホーツクの海岸では、投げ釣りのカラフト、アキアジ狙いの投げ竿が並び立つのがここ最近の秋の風物詩にまでなっています。そんなカラフト・アキアジも川に遡上し産卵を始めるのですが、もちろん、北海道内水面保護法の為、川に遡上したサケ・マスは釣ってはいけません。サーモン釣りを川でしたいという願望は多くのアングラーが持っていることですが、それは残念ながら出来ない現状で、北海道でもライセンス制で一部の河川で出来るだけです。
 
 そこで、北海道でこの時期、川で釣りを楽しむアングラーはアメマス、ニジマスを釣ることになります。カラフト・アキアジと一緒に遡上してきたのぼりアメマス、水温の低下で中流域に下りてくるニジマスがこのカラフト・アキアジの卵(イクラ)目当てに集まってくるわけです。カラフト・アキアジの居る産卵場所の直ぐ下流に大きなアメマスやニジマスを見ることもよくあることで、エッグフライでそれこそマッチング・ザ・ベイトではないですが、この時期は大物が結構簡単にかけることができたりします。しかしながら、イクラを食べて体力のあるニジマスをランディングできるかどうかはまた別問題なのですが。。。

 そんな秋の大物狙いの出来る釣りですが、一つ厄介なことがあります。イクラなどのエサやエッグフライを流してアメマス、ニジマスを狙っていると、なんとそのエサやフライをカラフト・アキアジが喰い付いてしまうのです。釣りたくなくても釣れてしまうのには困ってしまいます。それもスレではなく、ちゃんと口にフッキングするのです。一説には、自分の遺伝子を残す為に他の魚(同種)の卵を食べてしまうとか、逆に卵を咥えて安全な場所に移動させるとか、実際にはどうなのか解りませんが、咥えてしまうのは事実のようです。ことアキアジに関しては、かかってしまったら大変です。海に居るときのようなあの暴力的なパワーはありませんが、それでも、あの魚体ですから、その引きは半端ではありません。下手にランディングしようとすると思わぬ事故を招きます。その重さとパワーの為、ライトタックルでは最悪ロッドを折られてしまうことがあります。先日もあるお客さんが朝、お店に現われ、「ロッド折っちゃいました」と。聞くと、アキアジが掛かってしまい、フライを回収する為に岸に寄せようとした時、「ボキッ」っと凄い音と共にロッドが折れたとのこと。対処としてロッドを真直ぐにしてライン(ハリス)を切ってしまうのが良いのですが、それでも釣人の性として、もしかしたら大きなニジマス・アメマスかもしれないかと思うと姿を見るまではどうしてもそうすることは出来ないわけで。。。
 
 北海道では内地と違い、禁漁期間が無い(ヤマメなど一部ありますが)ので、これからが川の釣りの本番です。内地で釣りが出来なくなってしまったとお嘆きのアングラーの皆様、是非北海道に来て、大物釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか。ただ、その際には、カラフト・アキアジにはお気付けください!!

(有)ブルーマリン
北海道網走郡美幌町字三橋2丁目10-6
TEL 0152-73-3545
FAX 0152-73-3929
COPYRIGHT (C) 1996-2010 Blue Marlin. All Rights Reserved.