HOME 会社概要 通販規約 スタッフ 通販 コラム リンク 地図 Mail
Photos 天気 イベント ブログ
 
なんか変だぞ、今年のカラフトは
 
〜それはアキアジ豊漁の予兆?〜


 8月もいよいよ終盤に突入して、ここ北海道はかなり涼しくなってきました。北海道の夏休みは内地に比べ10日間ほど短く、21日から学校は授業が始まっております。今年の夏は北海道もまた内地同様に異常気象の影響を受けました。前半はまるで梅雨を思わせる長雨が続き、後半は真夏日が続く極端な暑さ。お盆を過ぎてもしばらくは暑い日が続いて、暑さに弱い道民にはかなり堪えました。

 さて、お盆というと、毎年恒例のカラフト釣りです。お盆の時期は毎年漁師さんが網上げをする為、お盆休みの海岸はカラフト狙いの釣氏さんで賑わいます。ところが、今年はお盆直前でのカラフトのよい釣果が全然聞こえてきません。お盆に釣に行ったお客さんからも、魚が全然居ないとのこと。そして、お盆明けに羅臼の渡船にてカラフト釣りに行ったお客さんもやはり魚が全然居ないという話が入ってきました。

 で、タイトルの「なんか変だぞ、今年のカラフトは」となった訳です。どうも今年はカラフトの接岸が遅い、又は魚そのものが少ないのではないかと思うのです。そこでブルーマリンでもなぜそうなったのか検証してみました。

 まず第一に考えられることですが、今年は8月の気温が例年と比べて高かったことです。冒頭にも書きましたが今年は8月の気温が高く、7月にあれだけ降った雨が嘘のように晴天が続きました。その結果、川は渇水し、水温もかなり上昇しました。もちろん、その影響は海水温にも現われ、その影響で接岸が遅れたのではないかと推測されます。

 第二に考えられるのは、2年前の状況です。カラフトは2年周期で川に戻ってくる為、年ごとに「今年は豊漁の年、今年は不漁の年」という感じで言われます。そのことを考えいると確かに今年は不漁の年に当たるのですが、ちょうど2年前は今年のように暑い日が続き、カラフトの遡上に影響を与えた年でもありました。

 以上の様な原因により、今年のカラフトの状況なのではないかと考えれられます。8月の後半になってやっと良い情報が入り始めたのですが、それも長続きしない状況で、このままカラフト釣りは終わってしまいそうな状況です。

 しかし、今年のカラフトの不漁は悪いニュースだけではないのです。漁師さんの話では「カラフトが不漁の年はアキアジが豊漁になる」という定説があるそうです。8月終盤を迎え、もうすでにアキアジの釣果が聞かれ始めました。ウトロでの船によるジギングによる釣りでは27日ごろから一機に釣果が増えたとの情報もはいってきました。このアキアジのジギングですが、比較的ライトタックルによるジギングで、最近北海道でもこの釣りを始める人が多くなってきました。この釣りもブルーマリン一押しの釣りです。詳細ご希望の方はメールでご連絡頂くか、来店していただければ、最新の情報をお伝えできるかと思います。

 カラフト不調で残念がっている方、もうそんな暇はありません。さあ、アキアジ釣りに頭を切り替えて釣りに行きましょう!!

(有)ブルーマリン
北海道網走郡美幌町字三橋2丁目10-6
TEL 0152-73-3545
FAX 0152-73-3929
COPYRIGHT (C) 1996-2010 Blue Marlin. All Rights Reserved.